プロフィール

高田浩史

Author:高田浩史
岐阜県各務原市で国語・作文教室「文聞分(ぶんぶんぶん)」を主宰しています。

■国語・作文教室「文聞分(ぶんぶんぶん)」
・本好きの子を伸ばす教室です。
「本は好きだけど、文章がうまく書けない」
「引っ込み思案でおとなしい」
-そんなお子様にピッタリの教室です。
読書感想文コンクール等、作文コンクールに毎年多数入選。
難関私立中、公立トップ校に合格する子も多いです。

◇指導形態◇
無垢のヒノキの机と椅子。4名以下の最高の学習環境で行います。
2016-10-2 (7)
◇指導内容◇
授業は、文章力養成・コミュニケーション力養成・考える力の養成を三本柱(文聞分)とし、すべての科目の根本である国語力を高めます。
中学受験・高校受験・大学受験・就職試験の作文・小論文対策、面接対策も行っています。

◇授業料◇月4,000円~

けん玉・お手玉・将棋等にも取り組み、楽しみながら頭脳を磨いています。
誕生会やクリスマス会などもあります。
子どもたちの自己肯定感を育み、安らげる雰囲気の中で学べる環境を作っています。

◇問い合わせ◇
・鵜沼朝日町5丁目204-8
(ニッケ・アピタから少し南)
・電話:(058)374-0168

大きな地図で見る
プロフィール:大阪大学環境工学科卒業後、県庁で環境行政に従事。その後、乳児の子育てと家事をしながら名大教育学部で学び、高校教師となる。
2008年12月に教室を開く。各地の自治体や学校等から依頼を受け、子育てについて講演している。各務原市男女が輝く21世紀都市作り審議会委員

テコンドー指導員の妻(高田乃理子:元テコンドー全日本チャンピオン)と奨励会1級の息子(高田明浩:元小学生将棋準名人)の3人家族です。
2013-7-7 (4)
子どもたちには、勉強だけでなく、けん玉やお手玉、工作や料理も教えています。
↓3年生の子が描いてくれました。

↓1年生の子が描いてくれた絵です。
2013-3-61.jpg
2013-9-5 (46)
↓2年生の子が描いてくれた絵です。
siona1.jpg
siminnews2013-2-9_0002.jpg
↓2年生の子が作ってくれた教室のロゴマーク
2-29 011
記事の感想や、講演の依頼がありましたら、記事の下の「COMMENT」をクリックしてご記入ください。お待ちしています!

< 主な講演テーマ >
大阪弁で楽しく話をします。笑いが絶えない講演会です。

1.「家族仲良し、子どもいきいきの子育て」
2.「夫婦で子育て―イクメンで家族仲よし 子どもイキイキ」
3.「子どもを伸ばすお手伝い」
4.「明るく積極的な子を育む親の秘密!」
5.「本好きの子を育てるには」
6.「知っておきたい今どきの子どもの心」


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:学習内容
Yちゃんが、『じぶんを見つける物語』シリーズを全部読んだよと報告してくれました。
2017-4-10 (20)
彼女のおすすめは、『くいしんぼうなおばけ』。
「おばけは、最初は何でも食べていたけど、食べたらダメと言われると、それを食べないようにしていたので、えらいと思いました。最後は何も食べられなくなったけど、宇宙に上ってお月様になりました」と発表してくれました。

毎週たくさん本を読んで、発表してくれるYちゃん。発表も上手になってきましたね!
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:文聞分
SちゃんとSIちゃんが、「代表委員になったよ」と報告してくれました。

Sちゃんは、2年生の頃は非常に大人しく、発表が苦手な子でした。
そんな彼女が、代表委員になるほど積極的になり、成長しました。
Sちゃんの話を聞いて、心からうれしく思いました。
2017-2-28 (1)
Sちゃんは、本の紹介やビブリオバトルに意欲的に取り組むことで、発表が本当に上手になりました。
自信を持って、代表委員の仕事をまっとうし、いっそう大きく成長してください\(^o^)/

また、SIちゃんは昨年に続く大役、さすがですね。
クラスのみんなを引っ張る存在として、がんばってください!(^^)!
2017-4-21 (24)
DATE: CATEGORY:学習内容
Sちゃんが、世界の子ども達の活躍を描いた『ぼくら地球市民』シリーズを読みました。
2017-4-17 (2)
その中でも一番心に残ったのは、『キッズ・パワーが世界を変える』だったそうです。
「貧しい国へ実際に行き、貧しい子ども達を助けようとした行動力がすごいと思った」と発表してくれました。
いつも積極的に難しい本にも挑戦するSちゃん。すばらしいです\(^o^)/
DATE: CATEGORY:文聞分
春休みの宿題の「がんばったこと日記」。みんな、毎日しっかり書いてきてくれました。
2017-4-17 (1)
30ページを超えたのは、67ページのNちゃん、37ページのYちゃん、36ページのRちゃんでした。

Nちゃんは、彼女自身が作った教室の最高記録66ページを更新。本当にすばらしい努力でした。
たくさん書くことで、文章が上手になっていることも良く分かる日記でした。勉強、将棋、お手伝いなど、いろいろなことをがんばりましたね。

YちゃんとRちゃんも、非常によくがんばっていました。トイレ掃除を毎日続けているRちゃん、立派です\(^o^)/
DATE: CATEGORY:学習内容
先週は、春休みの課題図書『ジャコのお菓子な学校』に作り方が書かれている「メレンゲ」作りに挑戦しました。
2017-4-17 (17)
メレンゲを作るのは初めての子がほとんどでした。
みんな、「大変だ~」「筋肉痛になる」等と話していましたが、上手に作ることができました。
「メレンゲ」を作った後は、パンの上にチーズやハムと共に乗せて焼き、メレンゲトーストとして食べました。

おいしく食べた後は、「なぜメレンゲができるのか」、「メレンゲを焼くとなぜ表面だけが焼けるのか」を化学的に考え、解答を文章で書きました。

料理も、ただレシピ通りに作るのではなく、化学的に原理を理解すると、オリジナルのものを工夫して作ることができます。

ときどき作って出すプリンも、試行錯誤の結果、現在の形にたどり着いたものです。仕組みを理解して工夫すると、楽しいですね(*^▽^*)
DATE: CATEGORY:文聞分
Rちゃんが描いた絵です。
2017-4-10 (1)
Rちゃんは、春休みに天竜川で舟下りをしたそうです。
「それが楽しかったので、この絵を描いたよ」と話してくれました。楽しい思い出ができて良かったね(*^▽^*)

手を振っているRちゃん、そして、クラスのみんなと私が描かれています。
楽しい絵を描いてくれて、どうもありがとう(*^▽^*)
DATE: CATEGORY:学習内容
Sちゃんは、いつも高い志を持ち、さまざまな物事に取り組んでいます。
2017-4-1 (20)
それがよく表れたのが、学年末の漢字テストです。
彼女は、教室の生徒の中で最高成績でしたが、全く納得がいかない様子でした。その様子を見て、他の子はきょとんとしていましたが、「全問正解を目指してがんばっていたから、満足いかなかった」とのことでした。

普通であれば、1位という結果に大満足するところです。しかし彼女は、自分が定めた目標に到達できなかったことに、悔しい思いをしていました。

彼女はいつも、「のびのびじゃんぷ」をこの時期までに終える、この学期で読書級をここまで達成する、3つのお手玉が10回以上できるようになる等、高い目標を定め、地道に努力を重ねます。そして、どんなことも高いレベルでできるようになります。本当に、小学生とは思えない、立派な姿勢です。

これからも、人と比べるのではなく、自分自身で高い目標を定め、努力を続けてください。そんなSちゃんの姿は、みんなのお手本です\(^o^)/
DATE: CATEGORY:文聞分
今月は、年度始めということもあり、講演依頼や問合せのお電話が非常に多くなっています。
話の途中で電話に出ることができなかった方々には、番号が分からないため、こちらからおかけ直しすることができません。
恐れ入りますが、そういった場合は、再度お電話いただけると助かります。よろしくお願いいたします。
DATE: CATEGORY:文聞分
Nちゃんが描いてくれた4月の絵です。
2017-4-10 (21)
お花がきれいで、春らしい作品ですね。ブンハッチーも、いつも以上にかわいい感じがします。

楽しく明るい雰囲気になりますね。いつもステキな絵を描いてくれて、本当にありがとう(*^▽^*)
DATE: CATEGORY:イベント
Mちゃんが、柴山先生が主宰されている子ども文化将棋教室の作文コンクールで「将棋作文大賞」を受賞しました。
2017-4-4-1.jpg
私は、審査員を務め、4月4日の表彰式に出席しました。
大賞を受賞した作文には、良い部分に線を引き、コメントを付けました。

低学年部門の大賞K君の作文からは、将棋が大好きで、全国制覇という大きな目標に向かって、日々努力していることが伝わってきました。
これからも、熱い気持ちを持ち、楽しく将棋に取り組んでもらえるといいなと思いました。

高学年部門の大賞Mちゃんの作文は、将棋が大好きな気持ちが伝わってくる、良い作品でした。
「大会での優勝」と「お父さんに勝つこと」という、2つの大きな目標に向け、努力を続けてくださいね。

大人部門の大賞Kさんの作文からは、兄弟で将棋を楽しむ姿を見守り、その成長を願うお母さまの優しい気持ちが伝わってきました。
お母様ご自身も、お仕事に熱心に取り組まれているとのこと。その姿はきっと、お子様のお手本になっていることと思います。

各部門合わせて3名の将棋作文大賞受賞者には、賞状、詰将棋の本、プロ棋士のサイン色紙等、豪華賞品が贈られました。
先生の熱意が感じられた式でした。

copyright © 2017 国語・作文教室「文聞分(ぶんぶんぶん)」のページ all rights reserved.Powered by FC2ブログ